【年アド3級】年金アドバイザー3級は年金をまるっと学べる試験

年金アドバイザー

皆さまこんにちは!

うっちーです。

今回は年金アドバイザー3級試験についてざっくりとご紹介させていただきます。

年金アドバイザー試験とは

試験の概要と学習する意義

年金アドバイザーは『銀行業務検定試験』の一環として実施される試験です。

主として金融機関の渉外係・窓口係が顧客からの年金の相談に応じることのできる知識や応用力についてレベルを判定するものです。

自行の口座を年金の受け取りにご利用していただくことは、金融機関にとって大事な取り組みですので、そのための年金相談をする能力をはかる検定ということです。

しかし、この試験は、金融機関に勤める方でないと受けられないというわけではありません。むしろ私は、年金相談をするかどうかに関わらず、より多くの方に受けていただきたい試験だと考えています。

なぜかと言いますと、この試験は年金の基本知識をまるっと学べる良質な内容になっているからです。

国民年金・厚生年金保険への加入から保険料の支払い、そして年金の受給までを体系的に学習することができます。

そうすることで頭の中に年金知識についての見出しができあがります。

すると、年金についてわからない事があっても、市販の書籍などを読んである程度自分で調べることができるようになるんです。

また、毎年届く『ねんきん定期便』についても、何が書いてあるのか理解できるようになります。あれ、一般の方からしたら「なんか届いているけど開けてみても意味わからない…」というケースが多いんですよね。

それが解読できるようになるんです。(解読って暗号か!って感じですけど、じっさい年金の用語は暗号みたいに見えますよね…)

さながら、天空の城の中枢にたどり着いた某ム〇カ大佐のように「読める…私にも読めるぞ!」と言えるようになります。

ちなみに、年金アドバイザーでは、支給される年金額の計算式など、より具体的な部分まで掘り下げて学ぶことができます。

年金がいくらもらえるのか?

それは、ねんきん定期便やねんきんネットなどで調べることができますので、個人が手計算する必要性はありません。

しかし、計算の仕組みを理解しておくことで、年金をより身近に感じることができるようになりますよ。

試験のレベル

4級→3級→2級となっており、1級は存在しません。

3級は、3月と10月の実施。

4級と2級は、3月のみ実施されます。

4級はちょっとマイナーなので情報が少なく、どうせなら3級にチャレンジしたほうがよいと思われます。また、2級は筆記試験になり、問題数が少ないです。「年金を体系的に学ぶ」という点では3級がもっともバランスのいい内容になっています。

銀行業務検定はどれも難易度が比較的高いので、年アド3級は「3級」と言っても、他の資格試験における2級レベルの難易度があると思ったほうがいいです。

体感的にFP2級の年金の分野と同程度くらい。FP2級が4択なのに対して年アド3級は5択なので、年アド3級のほうが難しく感じるかもしれません。

ちなみに、この試験に1級が無い理由については、2級を難しくしすぎたために1級を作れなくなってしまった…という噂があります。あくまで噂です。(他にも、年金の学習にはゴールが無いので1級がないという噂も…)

ペーパー試験とCBT試験

二つの試験方式

試験の方式は2021年9月現在、二通りあります。

それぞれの概要については公式のリンクを貼っておきますね。

ペーパー試験☟
年金アドバイザー3級|経済法令研究会

☆ペーパー試験の令和3年10月試験の申込は 9月8日(水)までとなっております!

CBT試験☟
銀行業務検定試験 CBT年金アドバイザー3級

CBT試験は会場のパソコンで受験する方法です。任意のタイミングで申し込んで、空席さえあれば希望の日程で受験することが可能です(3月,10月に限りません)。

年アドでは3級と4級が実施されています。試しに空席状況を見てみたい方は、リンク先の『テストセンター空席照会』から『銀行業務検定』を選んでご覧ください。

試験方式別のメリット・デメリット

ペーパー試験は同じ日程で受ける方がたくさんいるので、SNSなどで同じ目標に向かって情報交換や励ましあいができることや、上位得点者には個人賞としてメダルが付与されることが面白いです。図を書いて考えたい問題も多いので、紙の問題冊子があることも有利です。

ただ、今の状況で人がたくさん集まるところは避けたい場合もあるでしょうし、他の試験や行事と日程が重なってしまって受けづらいということもあるかもしれません。

CBT試験は個別のブースで行われますので、今のご時世ではこちらの方が安心感があります。日程も空席さえあれば自由に選べます。

ただ、試験時間がなぜか30分短く設定されているので、実際に受験した方の話によると時間に追われるそうです。また、電卓の持ち込みができず、画面上の電卓を使わないといけません。

どんな問題がでるの?

老齢(いわゆるふつうの年金)だけでなく、障害や遺族の年金についても出題されます。さらに、健康保険や雇用保険、税制などの周辺知識についても問われます。

形式としては

基本知識編30問と技能・応用編20問が出題されます。

特徴的なのは『 技能・応用編 』のほうですね。

AさんからJさんまで10組の登場人物がでてきて、ひと組あたり2問ずつの出題があります。

それぞれの事例についてアドバイスをしていくという内容です。と言っても記述ではなく、あくまで五答択一式の問題です。

一例をあげると

  • 何歳からどんな年金が受け取れるの?
  • 繰り上げをしたら年金額はどう変わるの?
  • 退職後の健康保険の手続きはどうするの?

といったような質問に答えていきます。

けっこう細かい知識や計算を組み合わせていくので、社労士試験の経験者でも対策無しでいくと玉砕しかねません。

その問題設定の綿密さは、さながら年金知識を使ったパズルです!

一見ややこしいです。でも、これが解けるようになってくるとけっこう面白くてハマります。ねんきんさんとお近づきになれた!という気がしてきます。

あと、『 基本知編 』では、試験日時点での最新の法改正はもちろん、今後予定されている法改正事項が出題されることがあります。

前回の令和3年3月試験では、令和4年4月の制度改正が出題されて驚きました。過去には翌年から始まる所得税の税制改正を先取りで出題したこともあります。

年アドの対策をすることで法改正まで含めた年金知識をブラッシュアップできるという効果があります。

まとめ

  • 年アドは年金知識を体系的に学ぶことができる。
  • 10月に実施されるペーパー試験は3級のみ。
  • CBTなら申し込みも試験日も任意で選べる。
  • 技能・応用編は年金にある程度詳しい方でも対策が必須。
  • 基本知識編では今後の法改正まで押さえておく。

この試験は、社労士試験の受験経験者の方、FP3級や2級からさらに上級へのステップアップを考えている方、ご自身の教養として年金を学習しておきたい方などなど、多くの方におすすめの試験です。

「正しい年金理解を広めたい!」と考えている私にとっては、この試験はFP3級,簿記3級とならんで、義務教育で教えたほうがいい内容なのに!と思うくらいです。

興味がある方は、ぜひチャレンジしてみることをおすすめしますよ!!

タイトルとURLをコピーしました